診療時間 診療時間一覧表

日曜・祝日は休診です

アクセスマップ 「アクセスマップ」ページへ移動
「人間ドック」ページへ移動「点滴療法」ページへ移動「健康一口メモ」ページへ移動

記事を選択

過去の記事

リンク

モバイル

qrcode

その他

はたクリニック 健康一口メモ

はたクリニック院長が病気や健康について、一口メモにまとめていきます。

傷の治療について

 以前から傷の処置は消毒をしてガーゼを当てるのが一般的でしたが、この治療はかえって傷の治りを悪くする場合が多いことがわかっています。
 とくに擦り傷では、消毒は痛いばかりでなく、治ろうとする正常な細胞を傷害してしまいます。また傷が治るためには細胞が体液に浸されている状態が大切で、ガーゼを当てて乾燥させると治ろうとする細胞が働けません。また、くっついたガーゼをはがすときに出血したり、再生した上皮をはぎとってしまったりして治癒を遅らせてしまいます。
 以下に代表的な傷の処置の方法を説明いたします。
切創
 カッターなどで受傷した切り傷は、浅いものであれば医療用のテープで固定します。創が深ければ洗浄しゴミなど異物を取り除いてからピンや糸で縫合します。傷が感染してしまうのは、小さなゴミなどが除去しきれなかった場合で、異物があれば抗生剤を使っても感染してしまいます。汚い傷ではあえて縫合しない場合もあります。
刺創・咬傷
 傷口が小さくても深くまで達していることがあり、感染の可能性が高くなります。ネコや犬の口内には感染を起こす細菌がいて、抗生物質の内服等が必要となります。
擦過傷(すりきず)
 十分洗浄し、必要であれば表面を麻酔してからブラッシングして汚れを落とします。傷を乾かさないような管理を行い、かさぶたを作らず治すようにします。傷を消毒することはせず、水道水などで洗浄をします。飲める水、目に入ってよい水なら洗っても大丈夫です。